ゴールボールに挑戦!

いろいろスポーツ教室で、ゴールボール体験をしました!これまでパラリンピックスポーツの中では、ブラインドサッカーを体験したことはありましたが、今回は視覚障がい者のスポーツで「ゴールボール」に挑戦しました。

日本代表の高田朋枝選手

ゴールボールの指導にいらして下さったのは、日本代表として北京パラリンピックでも活躍された高田朋枝選手!!そして、サポートでいらしてくださった斉藤隼人さんがルールの解説やボールの扱い方などを丁寧に教えてくださいました。

高田朋枝選手と斉藤隼人さん

ゴールボールのボールは、けっこう大きくて重かったです。中に鈴が入っていて、転がすと音がなります。アイシェードをつけると、真っ暗で何も見えなくなるので、ボールの音や仲間の声などに耳をすませてプレーします。

ボールとアイシェード

目が見えないってどんな感じ?

まずは準備運動。目を閉じてボールを仲間に渡したり、声を聞いて人の位置を確認したりしました。目で見て入ってくる情報に頼っている私たちは、目を閉じて耳や肌で感じる情報だけでコミュニケーションを取るのがとても難しいです。目が見えないってどんな感じなのか、実際に体験してみました。

目を閉じてボールを持ってみる

アイシェードをつけて何も見えないと、とても不安になります。どっちを向いているのか、誰が近くにいるのか、何も分かりません。

何も見えなーい!!と叫ぶ子たち

全身でボールを止めてゴールを守る

次に、ボールがゴールに入らないように守る練習をしました。
ゴールボールは、3人一組でチームをつくり、それぞれのポジションでゴールを守ります。体を横に寝かせ、全身を使って転がってくるボールがゴールに入るのを防ぎます。

高田選手が、「はい、右!」「次は、左!」と言われた方にボールが来たと思って、手足を伸ばして守ります。全身を使って動くとかなりハードな動きでした。

速いボールが来ることもあるので、体を強くして止めなければなりません。

こんな風にボールが来るよ、と教えてくださった斉藤さん

コートラインの凸凹を確認!

ゴールボールのコートラインは、ガムテープの下にタコ糸を引いてあるので、凸凹しています。その線を触りながら、自分の位置を確認し、ゴールとの距離感や守備範囲などを把握します。

足元の線の凸凹を確かめる

1年生に優しく教えて下さる高田選手

まずは、アイシェードなしの見える状態で試合をやってみます。ボールを転がして、それを全身で止める基本を体験してみました。

目が見えていれば、ちゃんとボールを止められる

親子体験だったので、親チーム vs 子どもチームで試合をやってみましたが、目が見える状態では、みんなボールをキャッチできました。

子どもチーム vs 親チーム

パスを受けてボールを蹴る

次は、アイシェードを着けて試合をやってみましたが、最初はぜんぜんボールの場所が分からず、身動きがとれませんでした。

ラインを触って自分の位置を確認

ラインの凸凹を触って、自分の守備範囲を確認し、いざ試合開始!

後ろのラインは、足で凸凹ラインの位置を確認し、少し助走をつけてボールを転がします。

ボールの音が近づいてくるのをよーーーく聞いてゴールを守りますが、ボールにはほんのちょっと手が届かず、ゴールイン。

パスを出すのも一苦労です。相手に伝わる声の大きさや言葉の遣い方が求められます。「そこに」と言われても、どこかわかりませんし、「あっち」と言われてもどっちの方向だか分かりません。相手の気持ちを想像して言葉を選んで話すことが、とても大事なんですね。

ラインの凸凹の感覚をもう一度確認

親チームも必死にボールの音を聞いて止める

日本代表選手に挑戦!!

最後は、日本代表の高田選手に挑戦!!子どもたちはアイシェードなしでボールを転がし、高田選手を相手にゴールできるかどうか、一人ずつボールを投げてみました。

結果は、惨敗…。全部止められてしまいました。かなり端の方へ投げたり、斜めに投げたりしましたが、高田選手は完璧に止めてしまい、まったく敵いませんでした。さすがでした。

くるっと回って勢いをつけて投げる高田選手

最後に、高田選手の投球を見せてもらいました。これまでとは比較にならないほど速く、とても止められる気がしませんでした。まともに当たったら、かなり痛いと思います。

ゴールボール体験で学んだこと

目が見えない相手に伝える時は、声の大きさや言葉の遣い方を考えなくてはなりません。「そこにある」と言われても、どこかわかりませんし、「あっち」と言われてもどっちの方向だか分かりません。相手の気持ちや状況を想像して言葉を選んで話すことが、とても大事なんですね。いつもおしゃべりしている子どもたちですが、高田選手のお話を聞くときは、自然と静かになっていました。

試合でしっかりボールを止めることはできませんでしたが、ゴールボールを楽しみながら「目が見えない」感覚を体験することができました。チームメイトや周りの人のアドバイスや耳からの情報がとても大切で、相手を信じられなければ一歩も動けないことが分かりました。

高田選手、斉藤さん、本当にありがとうございました。
これからも益々のご活躍を、みんなで応援しています!!