日本スポーツ文化創造協議会について

誰もが楽しく体を動かせるスポーツライフスタイルを提案するため、競技や分野の壁を越えて横のつながりを大切にしながら、多種目の運動やマイナースポーツを通して人をつなぐ事業を展開し、地域に密着したスポーツ普及振興の場をつくり、新しいスポーツ文化の構築を目指しています。

スポーツ振興事業

日本スポーツ文化創造協議会は、多様なスポーツや体を動かす活動を通して、仲間と共に体を動かす面白さやコミュニケーションの楽しさを伝える事業を展開しています。

また、これまでの事業活動で得られた経験を活かし、誰もがいつでもどこでも楽しくできるスポーツライフスタイルを提案する地域スポーツ事業のプランニングも行っています。

主なプランニング実績
  • 所沢市立小学校での水球体験教室…早稲田大学水泳部水球部門学生の地域貢献活動
  • やちよだい秋のスポーツフェスタ2007…八千代台東地区のスポーツによる地域活性化
  • みんなのこらぼ広場…大田区大森西地区の廃校跡地活用のスポーツ体験イベント
  • 小美玉市での水球体験会…小美玉市水泳教室でのアクアスポーツ体験教育イベント
  • フライングディスク体験教室…トップアスリートによるマイナースポーツ普及活動
  • バレリーナが語るバレエ鑑賞セミナー…図書館によるバレエ芸術文化の振興イベント
  • ブラインドサッカー親子体験会…障がい者スポーツによる心のバリアフリー教育活動

設立のきっかけ

日本のスポーツのあり方を見直し、子どもの体力低下や若い世代のスポーツ離れに歯止めをかけようと、株式会社ジャパンクリエイティブズが2007年に発行し始めたフリーペーパー「MINOR SPORTS」が当協議会の前身です。
競技の壁を越え、共に普及活動をしてゆくことに賛同した31のスポーツ連盟・協会が協力団体となって情報提供を行い、1年間にわたって毎月情報誌を発行しました。

マイナースポーツばかりを集めた情報誌は大変珍しく、マイナースポーツ愛好家の方々に愛されるだけでなく、大学のスポーツ関連学部の授業などで使用されたり、総合型地域スポーツクラブのコンテンツとして参考にされるなど、様々な反響がありました。


「MINOR SPORTS」第1号

「MINOR SPORTS」第2号

「MINOR SPORTS」第10号


新しいスポーツ文化の構築を目指して

残念ながら約一年で「MINOR SPORTS」誌は廃刊となりましたが、スポーツ情報の発信だけでなく、事業やイベントなどを一緒にできる組織があれば、もっといろいろな活動ができるのではないか・・・

そこで「MINOR SPORTS」の協力団体の中から、いくつかの協会が立ち上がり、2007年に日本スポーツ文化創造協議会を発足しました。
スポーツ界では縦割組織が多い中、他競技との協働事業や地域での情報交換など、横のつながりを積極的に促し、日本のスポーツのあり方を考えるきっかけを作り、新しいスポーツ文化の構築を目指しています。

団体名 日本スポーツ文化創造協議会
所在地 〒143-0015
大田区大森西2-16-2 こらぼ大森内
設立 2007年11月
役員 理事長  新居彩子
事業
  1. スポーツ振興事業
    子供の体づくり事業「もりもりスポーツキッズ」
    子育て支援事業「保育つきバレエサロン」
    大人の健康づくり事業「大人のバレエサロン」
  2. スポーツの環境を整える事業
    地域貢献事業(学校へ出張スポーツ教室)
    地域のスポーツ活用事業のプランニング
  3. 情報ネットワークの推進事業
サイト ホームページ https://jspocc.com/
Facebook いろいろスポーツ教室 / 保育つきバレエサロン