新型コロナウイルス感染予防対策について

スポーツ鬼ごっことウォールハンドボール

今日のいろいろスポーツ教室は、スポーツ鬼ごっことウォールハンドボールをやりました。
スポーツ鬼ごっこは久しぶりでしたので、今回初めて体験する子もいました。

久しぶりのスポーツ鬼ごっこで、初めて体験する子も

久しぶりにスポーツ鬼ごっこをやりました。初めて体験する子もいましたので、最初にあやめ先生からルールを教えてもらいました。スタートの位置、相手へのタッチは必ず両手でする、タッチされたら自陣に戻って再開する、守るときは円の中に入らない、宝を取るときは落とさないように、など最初は複雑に思えますが、低学年の子どもたちもやり始めるとだんだんわかってきます。

あとはひたすらゲームを楽しみました。途中で作戦を考えたり、ディフェンスとオフェンスの数を変えたり、2人組で攻めたり、子ども同士でいろいろと考えていました。

高学年チームは、かなり白熱した試合となり、途中でぶつかって転んでしまう子もいました。勝利にこだわって熱くなっても、両手でタッチするというルールをきちんと守って楽しむように注意しながら、最後までゲームをやりました。かなり走り込んだので、最後は力を出し切っていました。

日本最古の鬼ごっこ「ことろことろ」

低学年チームの最後は、子どもたちのリクエストで日本で一番古い歴史を持つ鬼ごっこ「ことろことろ」をやりました。先頭の親が、後に並んでいる子たちを鬼から守る鬼ごっこです。10秒間で鬼から守れるかどうか?鬼を交代しながらみんなで楽しみました。

大ちゃん先生のウォールハンドボール

ウォールハンドボールの大ちゃん先生は、ボール遊びを取り入れながら、楽しく教えてくれるので、みんなウォールハンドボールが大好きになります!

低学年は、投げ方の正しいフォームを身につけるところからです。ボールを投げたことがない子は、手と足が一緒になってしまったり、体の使い方がうまくできずに壁の目標の的まで投げられないことがあります。大ちゃん先生は、ウォールハンドボールの競技を教える前にまずボールの投げ方やキャッチの仕方など、ボール遊びをしながら基本的な動作を身につけられるように教えてくれます。

右手だけでなく、左手でも投げられるように練習します。体の使い方が均等になってとても良いです。ウォールハンドボールの面白いところです。

高学年チームは、ゲームが大好きです。前面の壁に向かってサーブを打ち、2バウンドするまでに打ち返すのがこの教室でのルールです。上手な中学生は1バウンドで打ち返します。どこに打てば相手が取りにくいか、先のことを考えながらプレーするので、頭をすごく使います。

高学年チームは、ゲームをしている時に仲間を応援したり、どうしたら点が取りやすいか、サーブをうまく打つにはどうしたらいいかなどをアドバイスしたりして、お互い上達するようにしていました。久しぶりに指導に来てくれたのべさんも一緒にゲームを楽しみました。

いろんなスポーツを楽しもう!

今日はスポーツ鬼ごっことウォールハンドボールをやりました。
学校も学年も違う子どもたちが、一緒にいろんなスポーツにチャレンジし、それぞれの得意不得意を理解し合いながら、共に楽しんで仲良くなり、お互いを認め合えるのが「いろいろスポーツ教室」のいいところです。これからもいろんなスポーツをみんなで楽しみましょう!

次回は、2月5日。
初めてタグラグビーにチャレンジします。それとスピードボールをやる予定です。お楽しみに!

いろいろスポーツ教室は体験無料

いろいろスポーツ教室の体験は無料です。知らないスポーツをいっぱいやっているので、まずは一度体験してみてくださいね。

当教室の方針:全員がすべての競技をやる理由

新規申込みをされる方で多いのが、「トランポリンだけやりたい」というような競技の選択です。当教室がお子様にいろんな競技を体験してもらうのには理由があります。

基礎運動能力の向上や新しいことへのチャレンジ精神の育成、そして一番大事なのが、子ども同士の中でお互いの得意不得意を認め合った尊重し合える人間関係づくりです。15年間多種目スポーツ教室を運営してきた中で、子どもたちがお互いを認め合いながら成長してゆく姿を見てきていますので、この方針をご理解いただけない方はご参加いただけません。

また、私たちは、子どもの気持ちや意志を尊重して教室を運営をしています。子どもがやりたいことを自分で決めて実際にやること、を一番大切にしています。

気分が乗らない時、やる気が出ない時、集中できずにふざけてしまう時、親だとつい叱ってしまいがちですが、「なぜやりたくないのか?」「どんな気分か?」「どうしたいか?」を私たちは子どもに聞きます。大人も仕事したくない時、休憩したり、甘いものを食べたり、散歩したりすることがあります。子どもにも子どもの事情があります。朝起きるのが辛かったり、少し休憩したかったり、見学してみたり、友達とケンカしてちょっと離れてみたり、気分がいろいろと変化します。この教室では、子どもが何をしたいか自分で決めてやってみる時間を過ごしてもらいます。

ただし、私たちが厳しく叱る時が2つあります。それは、
・他の人がやりたいこと、やろうとしていることを妨害するような行為
・自身が怪我をしたり、他の人を怪我させてしまうような危険な行為
です。この2つだけは絶対にしないように伝えています。それ以外のことであれば、子ども自身の意思で決めたことを尊重します。

これらの考え方にご賛同いただける方で、いろんなスポーツをやってみたい方がいらっしゃいましたら、ぜひいらしてください。お待ちしております。

\詳細はこちら/

コメント

タイトルとURLをコピーしました