新型コロナウイルス感染予防対策について

地域NPOとのコラボ企画:中学生と高校生のスポーツ体験

秋が深まってきましたね。コロナの心配や不安は尽きませんが、スポーツの秋を過ごして免疫力をアップしながら健康を維持していきたい季節です。

今年も、NPO法人ユースコミュニティーさんからのご依頼で、中学生と高校生のスポーツ体験を担当させていただきました。

スピードボールにチャレンジ!!

今年は、継続的に運動できる環境がなかなか整わず、運動不足になりがちの日々を過ごしている方が多いと思います。接触の機会が増えてしまうスポーツは、どうしても避けてしまいますよね。

スピードボールは、一定の距離を保ったままできるラケットスポーツです。ボールを拾いに行かなくていいですし、座ったままでもできるので、年齢に関係なく多くの方が楽しめるスポーツです。

初めてチャレンジする学生さんたちは、最初は回るボールを打つのが難しかったようですが、やっているうちにコツを掴んで上手になり、最後はゲームを楽しみました。

フライングディスク

もう1つのスポーツは、フライングディスクを体験してもらいました。
体育館の中での体験だったので遠くに飛ばすことはできませんでしたが、コントロールしてディスクを投げるのがとても上手になりました。

光行先生に、いろいろな投げ方やパス・キャッチをしっかり教えて頂き、最後は3チームに分かれてアルティメットという種目のゲームをやりました。味方にパスをつなぎながら、ゴール地点まで進みます。

マイナースポーツで気分をリフレッシュ!

中には受験生もいらしたようで、毎日勉強を頑張っておられる中、2つのスポーツを体験して楽しんでいただき、気分をリフレッシュしてもらえたようです。これから寒くなりますので、体に気を付けて、勉強を頑張ってください!

みんなが初めて体験するスポーツは、みんなスタートが一緒なので、得意不得意に関係なくみんなで楽しめます。日本スポーツ文化創造協議会は、多種多様なスポーツで、みんなが楽しみながら体を動かしていただける時間をお届けしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました