新型コロナウイルス感染予防対策について

トランポリン&スピードボール

6月最初のもりもりスポーツキッズは、こらぼ大森の体育館でトランポリンとスピードボールをやりました。今日は、体験をしにきてくれたお友達が、初めてのトランポリンにドキドキしていました。

スピードボールの体験

スピードボールは、日本代表選手だった須崎優太先生が教えてくださいました。ポールに繋がったボールを打ち合うスポーツですが、ラケットが少し重たいので、低学年の子たちにはちょっと難しかったようです。

スピードボールの須崎先生

最初は、うまくボールに当たりませんが、だんだん慣れてきて、高学年になると、徐々に試合形式の練習ができるようになり、選手レベルになると、時速100キロ以上のスピードでボールがぐるぐる回るようになります。

低学年にはちょっと難しいかな?

最初はどきどきのトランポリン

トランポリンは、もりもりスポーツキッズで人気の競技の一つです。体験に来てくれた子どもたちは、高い台が少し怖かったようですが、少しずつ慣れていろいろな技に挑戦しました。

空中で開脚してタッチ!

2年生以上の経験者の子たちは、トランポリンのバッジテスト5級や4級の技を練習しました。10個の技を連続で跳ぶので、最初は順番を覚えるのが大変です。そして、覚えた技を正しく、よどみなく、台の真ん中で跳ばなくてはなりません。練習カードを見ながら、みんな一生懸命覚えて、練習しました。

腰落ちの手の付き方は要注意

ストレッチや体幹トレーニングも

もりもりスポーツキッズでは、準備運動に体幹トレーニングを取り入れ、練習が終わった後にストレッチを必ずやって習慣づけるようにしています。成長と共に身体は硬くなっていきますので、怪我予防のためにもストレッチはしっかりやっておきたいものです。

最後はしっかりストレッチ

初めてきてくれたお友達も、最後はみんな仲良くなっていました。いろんなスポーツにチャレンジしながら、得意なことも不得意なこともお互いに認め合いながら、みんなで楽しむことができました!

次回は、6月16日。カバディとウォールハンドボールを体験します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました