コロナウイルス感染症対策について

ホッケー&フライングディスク

新年度がスタートして、初めての天然芝グラウンドでのもりもりスポーツキッズ。桜が舞い散るグラウンドで体験したのは、ホッケーとフライングディスクでした。

ホッケーのスティックの持ち方を習う

ホッケーの体験

ホッケーは、来年の2020年オリンピックで大田・品川区で開催される競技。いろいろな学校で体験会をやっているので、学校でやったことがある子もいましたが、もりもりスポーツキッズでは2回目になります。

新1年生は初めてのホッケー体験

最初は、なかなかうまくボールを運べませんでしたが、だんだん慣れてきて、高学年は、だいぶできるようになってきました。
新1年生は、スティックの持ち方が難しかったようですが、ボールを打って楽しみました。

フライングディスク体験

フライングディスクは、もりもりスポーツキッズで何度もやっているので、高学年の子どもたちは、投げたりキャッチしたりして楽しんでいました。

先生からのパスを走ってキャッチする

新1年生は、初めてのフライングディスクを楽しんでいました。ボールとは違うディスクの持ち方を学び、お友達の名前を呼びながら、やさしく投げる練習をしました。

名前を呼びながら投げる練習

ゲームを楽しむ高学年

高学年チームは、アルティメットのゲームをやりました。ホッケーの田中先生や花見先生も参加して下さり、いろいろなスポーツを通して、楽しい時間を過ごすことができました。

最後は、みんな仲良くなって、ホッケーもフライングディスクも思い切り楽しみました。

次回は、4月21日。平成最後になる「もりもりスポーツキッズ」は、クロスミントンとキンボールを体験します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました